やずやの養生青汁の成分の特徴

やずやの養生青汁の成分の特徴は、やはりミネラル、ビタミンが豊富なことです。商品のパンフレットから、やずやの養生青汁の成分の中身についてご紹介しましょう。ここでご紹介する栄養分というのは、いずれもスティック2本分のやずやの養生青汁のものです。

 

やずやの養生青汁を1日に2本飲むと、1日でこの程度のミネラル、ビタミンなどを補うことが可能です。スティック2本分のやずやの養生青汁に含まれている栄養分は、0.03mgのビタミンB1、0.05mgのビタミンB2、0.2mgのビタミンE、9.72mgのカルシウム、0.636mgの鉄となっています。

 

これ以外に、やずやの養生青汁のホームページに記載されている原料・成分についてご紹介しましょう。

 

やずやの養生青汁の1本の粉末タイプ、1袋の粒タイプ当たりの成分は、11Kcalのエネルギー、0.4gのタンパク質、0.1gの脂質、2.3gの炭水化物、10.9mgのナトリウムとなっています。・
また、やずやの養生青汁の100g当たりに、170〜425mgの総クロロフィル、160,000〜280,000unitのスーパーオキシドディスムターゼが含まれています。

 

総クロロフィルというのは、緑色をしたお茶やホウレン草などに多く含まれる葉緑素です。葉緑素には血液中のコレステロールを下げたり、貧血を防止したりする作用があります。また、肝機能を促す作用、抗アレルギー作用、整腸作用などもあります。スーパーオキシドディスムターゼというのは、健康にとっては非常に大切な酵素で、がん細胞が発生する要因になったり、人間の細胞を老化させたりする活性酸素を除去する抗酸化酵素です。やずやの養生青汁に含まれているこのような成分は、美容や健康に非常に役に立ちます。