やずやの養生青汁の飲み方のポイント

やずやの養生青汁の飲み方についてご紹介しましょう。食生活が不規則になっているものを改善したり、野菜不足が慢性的になっているものを解消したりするために、多くの方が青汁を飲んでいるのではないかと思います。しかしながら、強い青臭さがやはり苦手という方も多いと思います。

 

一方、やずやの養生青汁というのは、クセがあまりない大麦若葉を原料に使って、はと麦エキスを甘味をほんのりと加えるためにプラスしているため、非常に飲みやすいものです。やずやの養生青汁は、粒タイプと粉末タイプがあり、飲み方についても工夫されています。粒タイプというのは、そのまま水で飲めるため、どうしても青汁の味やにおいが苦手な場合や、旅行の場合などに携帯する際におすすめです。

 

形は三角形になっており、添加物は固めるためにも全く使わないで、杵で青汁の粉を固めるために押して作られています。粉末タイプというのは、1本のやずやの養生青汁に対して牛乳または水を60ccほどで溶いて飲みます。粒子は少し大きめになっており、牛乳などに溶けやすくなっています。牛乳や水のみでなく、ヨーグルトや砂糖、ハチミツを一緒に溶いても問題ありません。きな粉を牛乳や水に溶いたものに混ぜるのもいいでしょう。

 

きな粉の甘みがプラスされるので飲みやすくなり、きな粉が持っている大豆サボニンや大豆イソフラボンなどの栄養素もプラスされて、相乗効果が栄養面においても期待できます。
フルーツともよくマッチします。

 

1本のバナナと100ccの牛乳に、1本のやずやの養生青汁をプラスしてミキサーにかけると、バナナオレができ上がります。やずやの養生青汁の風味にバナナの甘さがよくマッチします。